HOME > 工作室 > 24GHzへの挑戦2 
24GHzトランスバータへの挑戦。 MIX と フィルター

基板の作成についてはJE1XHP重盛さまほか皆様に感謝いたします。
ミキサー

LOは11GHzを入力、2逓倍する(NE3210S01)
ラットレースミキサー(HSMS-8202)
LOx2+IFは導波管出力。

故JA1EPK氏の回路を参考にさせていただいた。

t0.25テフロンPCBにオムニ感光スプレーで作成したが状態は良くない。

性能は LO+10dBm、IF+10dBm にて後述のフィルターを通したあと
24020MHzが0.2mW得られた。
調整はフィルター出力のパワーが最大となるよう各部にスタブを追加。

IFのLPFの性能は見ていない。

ラットレースだからといってこのダイオードと加工精度でLOの抑圧
を期待するのは無理。
ミックスされそれなりのレベルが出ただけでもOKとしよう。

フィルター

これも故JA1EPK氏の記事を参考にさせていただいた。
10φ深さ8.2、結合穴は3.5φ、M3ねじで調整する。

BSコンバータ改外部ミキサで見るとLO、LO+IF、LO-IFが見えるが
フィルタを通すとLO+IFのみに選択することができ、LOの分離は
20dB以上(外部ミキサの感度が悪くこれ以上わからない)

このあと増幅し、パワーを見ながらネジを回すと3つのピークが
次々現れ、フィルタとして機能していることが実感できる。